RESTAURANT VITRA NAGOYA

ヴィトラについて

メニュー

ワイン

パーティ

プロフィール

コラム

ご予約・お問合せ

アクセス

RESTAURANT VITRA NAGOYA 〒464-0835 名古屋市千種区御棚町3-26 営業時間 17:30-20:30(LO) 定休日 原則として毎週火曜日 TEL: 052-759-5511

HOME
〜Chapelle Des Anges 1st Anniversary〜
February 20, 2010 11:46 AM

レストランが併設されている覚王山ル・アンジェ教会は、
おかげさまで3月29日をもって1周年を迎えさせて頂きます。
名古屋・覚王山の地に誕生し、本当に沢山の方々に出逢えたこと、
スタッフ一同心より感謝を申し上げます。

この1周年を記念して、
覚王山ル・アンジェ教会にて結婚式を挙げられたお二人とそのご家族様限定で、
アニバーサリーパーティーとゴスペルコンサートを開催致します。

1周年の特別な日に相応しい、
スペシャルコースやチャペルで行われるコンサートを
是非、大切な方々と共にご堪能下さい。

どちらも予約制となっております。
お二人だけではなく、お子様・ご家族の皆様もご参加頂けます。


=アニバーサリーパーティー=
開催 : 3月28日 (日)
場所 : 覚王山ル・アンジェ教会 パーティ−ルーム 
時間 : 1st 11:30〜/2nd 18:00〜   
料金 : お一人様 ¥10.000−(税・サ-ビス料込み/1ドリンク付)  
定員 : 各回15組(先着順)
予約 : レストランVITRAにて承ります。 052-759-5511
      
=アニバーサリーコンサート=
開催 : 3月29日 (月)
場所 : 覚王山ル・アンジェ教会 礼拝堂 
時間 : 開場 18:30 開演 19:00   
料金 : お一人様 ¥1.500 
定員 : 150名(先着順・立見の可能性もございます。ご了承くださいませ)      
予約 : 覚王山ル・アンジェ教会にて承ります。 052-757-5775


Posted by February 20, 2010 11:46 AM
3月の営業日
February 13, 2010 5:41 PM

レストランの営業日をお知らせ致します。

<3月>
01日【月】03日【水】04日【木】05日【金】  
08日【月】10日【水】11日【木】12日【金】14【日】  
15日【月】17日【水】18日【木】19日【金】   
22日【月】24日【水】25日【木】26日【金】 
29日【月】31日【水】


Posted by February 13, 2010 5:41 PM
ワインの種類 〜色で分ける〜
February 8, 2010 2:16 PM

ワインとは・・・
「葡萄の果汁を発酵させたアルコール飲料(日本の酒税法では果実酒に分類される)」
というのは、皆様知っていますよね。
では、何故「赤」や「白」さらに「ロゼ(ピンク)」とがあるのかはご存知ですか?

*赤ワイン*
「何故、赤いのか?」
答えは簡単。それは「ブドウの皮の色が染みているから」です。
普段お馴染の葡萄。例えば「巨峰」を思い浮かべてください。
これは「黒葡萄」と呼ばれる種類で、黒く見えるほど深い赤色をしています。
(厳密に言うと巨峰・デラウエアなどを代表する食用のものと、
ワインの原料になる葡萄は種類が別物。食べてもあまり美味しくありません)
それに対して中の果肉は白。
中の果肉だけを絞ってブドウジュースを作ると、あの赤色を出すことができません。
つまり、ジュースへさらに皮を漬け込む事で皮の色がジュースへ移り、
見事な赤色になるのです。

「健康にいい」「血液がさらさらになる」と一時話題となったポリフェノールは、
葡萄の皮や種に多く含まれています。
皮などをつけこんで醸造した赤ワインには多くのポリフェノールが溶け出しており、
適量のワインは体にも良いんですよ。
(ちなみに・・・渋みの元タンニンは種に一番多いと言われています)

*白ワイン*
葡萄の種類には、皮の表面が薄い緑色や黄色をしたものがあります。
(食用で言うと、マスカットが代表的)
白ワインは、そういった品種から造られることが殆どです。
白葡萄を絞ってブドウジュースを作り、それをそのままワインにすると白ワイン。
これが基本ですが、
ブドウジュースに皮を漬け込んで醸造しなければ、
赤ワイン用の「黒葡萄」でも白ワインを作る事ができます。

*ロゼワイン*
ロゼの綺麗なピンク色。
単純に、赤ワインと白ワインを混ぜれば完成。と思う方も多いのでは?
しかし、そのように造る方法もあるにはありますが、かなりの例外なのです。
(国や地方によっては法律で混醸を禁止している場合もあります)
では、どのように作るのか?
赤ワインを造る過程と途中までは同じ。
葡萄を潰してジュース・皮茎に分けしばらく一緒に漬け込んで醸造していきます。
そして程よくロゼ色がついたところで、皮をジュースから引き上げるのです。

なお、古代のワインは皆ロゼワインだったと言われています。
なぜなら、白葡萄は黒葡萄の突然変異であり昔は黒葡萄ばかりだったのです。
黒葡萄を力いっぱい圧縮すると、
ジュースになった時点ですでに赤い皮の色がほんのり付いています。
それを発酵させれば、ロゼワインの出来上がりというわけ。

〜次回は作り方で分けてみましょう お楽しみに〜


Posted by February 8, 2010 2:16 PM
recent entries
categories
archive