RESTAURANT VITRA NAGOYA

ヴィトラについて

メニュー

ワイン

パーティ

プロフィール

コラム

ご予約・お問合せ

アクセス

RESTAURANT VITRA NAGOYA 〒464-0835 名古屋市千種区御棚町3-26 営業時間 17:30-20:30(LO) 定休日 原則として毎週火曜日 TEL: 052-759-5511

HOME
ブルーノ ディ ロッカ Bruno di Rocca
January 31, 2013 6:52 PM
ブルーノ ディ ロッカ Bruno di Rocca

今回は極めて個人的な内容になります。現在ヴィトラでは在庫がないからです。

1989年、このワインの1985年を飲んで、ワインの美味しさに目覚めました。
このワインがお好きな方の例に漏れず、フィレンツェ『チブレオ』での出会いがきっかけです。
消防官の私が飲食の道に足を踏み入れるきっかけを作った、小さくて大きな一本。
様々な機会に自分にとってのベスト赤を話しますが、私はいつもこれです。
マルケージで働いていた時にはワインリストには常時記載、箱買いをして、
たくさんのお客様に自分の想いを語りながらお勧めしていたものです。
いつか、ヴィトラでもご紹介しますね。
更に、自分にとってのベスト白、ベスト泡もお書きしましょう。

皆様にとっての想い出のワイン、自分のワインは何ですか?
そんなお話が出来ればなあと思っています。
ご来店、お待ちしております。

気取った事を書いているが、実はアルコールに弱く、
飲み会ではジンジャーエールをピッチャーで注文する、
へたれの ソムリエ 小谷でした。


Posted by January 31, 2013 6:52 PM
January 31, 2013 3:15 PM
箸

以前お約束したヴィトラの『箸』についてお書きします。
ヴィトラはフランス料理店ですが、和食器も使えば、箸も使います。
割り箸ではありません。材質は黒檀で手元に銀細工を施した物です。
少し細めで箸先は鋭く細く削り上げ、使いやすくしてあります。
披露宴でもレストランでも常用します。
私は今までに箸が卓上に置いてある店では(割り箸であっても)、
一店舗でしか働いた事がありませんでした。
しかも、ミクニの回転寿司という極めて特殊な店舗でした。
やはり、フレンチ・イタリアンの王道に拘ると、
どうしても箸を置く事を敬遠してしまいます。

2009年にこの店を立ち上げるに当り、考え方を変えました。
やはり皆に食べやすく、楽しく召し上がっていただこう。
披露宴はもちろん、
レストランでも設えの良い箸でお召し上がりになっていただこう。
イタリアのマルケージでも『マルケージ箸』を使っていたじゃないか。
(お洒落なピンセットみたいな物でした)
洋のエスプリも大事にしながら、和の良い所を活かしたい。
洋のテクニックと和のプレゼンテーション。美味しく、美しく、食べやすく。
これがヴィトラの考え・想いです。

このヴィトラ箸、どこかに店名が刻印されています。
ご来店されたら探してみて下さい。
開業以来たった一人しか見つけていません。

見つけた人にはお好みワイン一杯サービスを約束する
ソムリエ 小谷でした。


Posted by January 31, 2013 3:15 PM
我々が大事にしている事
January 30, 2013 3:02 PM
我々が大事にしている事

改めて、これがヴィトラ店内の写真です。
このホールに7テーブル。1テーブルには3名以上の席は設けません。
一日にお迎えする人数を最大21名に収めています。
我々が満足できる料理とサービスを行う為には、これぐらいの人数が丁度いいですね。
そのためか、多数のお客様がゆっくりと食事され、長居され、
我々との話も料理やワインの話はもちろん、その他の事もたくさん話します。
最近では子供の育て方の話に盛り上がりました。

我々サービスクルーは、得意である話のジャンルを発表し合い、皆で情報共有しています。
ダンスはAさん、ミスチルはBさん、映画はCさんといった事を、働いている皆が知っています。
お客様との会話の中でその話題が出た時には、
その話が得意なクルーにも話に参加してもらいます。
我々はお客様との楽しいお話も、サービスにおける大切な要素の一つだと思っています。

お帰りの際、お客様から『美味しかった』とのお言葉に加え、
『楽しかった』との一言を頂戴する事。この上ない嬉しさですね。
これからもたくさんの方に『楽しかった』とお声掛けしていただけるよう、日々勉強ですね。
話好きのクルーがお待ちしております。是非お越しください。

担当はサッカー、漫画・アニメ(ヤマト・ガンダム・マクロス・ジョジョ)、ヨーロッパなど。
オタクな話題にも強い ソムリエ 小谷でした。


Posted by January 30, 2013 3:02 PM
2月の営業日
January 27, 2013 2:25 PM

◆2月の営業日 をお知らせします◆

<2月>
               01日【金】
04日【月】06日【水】07日【木】08日【金】09日【土】10日【日】
     13日【水】14日【木】15日【金】     17日【日】
18日【月】20日【水】21日【木】22日【金】
25日【月】27日【水】28日【木】

火曜日定休日です。
他、貸切営業などによって、営業日の変更がございます。
是非、お問い合わせ下さい。
予約・問合せ 052−759−5511
ヴィトラ 予約係より


Posted by January 27, 2013 2:25 PM
ある日のワイン
January 27, 2013 2:00 PM
ある日のワイン

とある日のワインです。
左から順に
<白ワイン>
ドメーヌ・レリティエール・ギュヨ
ヴジョ ブラン プルミエクリュ“ル・クロ・ブラン・ド・ヴジョ”1995
<シャンパーニュ>
アンリ・ジロー“フ・ド・シェーヌ”1998
<赤ワイン>
オーパス・ワン 2005
当店では一本21000円均一でお客様にご提供、お楽しみいただきました。
決して安いワインではありませんが、品質を考えれば充分にお得だと思います。

このブログでグラスワインを紹介しています。随分と思い切った値ではありますが、
決して損承知ではありません。
価格を抑え、皆様にお楽しみいただくには、どのようにしたら良いかを
常に考えております。

やっぱりワインは飲んでナンボ。飲まれて消えて、記憶に活きる。
たくさんのお客様がお喜びになられている中でサービスしながら、
つくづくそう思いました。

今日は ちょっと真面目な ソムリエ 小谷でした。


Posted by January 27, 2013 2:00 PM
フランチアコルタ ベッラヴィスタ Franciacorta Bellavista
January 26, 2013 12:07 AM
フランチアコルタ ベッラヴィスタ Franciacorta Bellavista

懐かしいですね、このボトル。
『フランチアコルタ』というイタリアのスパークリングワインです。
ワイナリー名は『ベッラヴィスタ』、
イタリア語で『良い景色』という意味です。
私はこのワイナリーで働いていました。1995年から1999年まで。
このワイナリーの経営するホテル・レストランに敷地内に寝泊りし、
朝から晩までレストランで働き、
たまに葡萄を収穫し、ワイン作りもしました。
一日に何十本と抜き、試飲し、お客様にサービスしておりました。
多い日は100本位かなあ。
お客様の一人に『ルチアーノ・パヴァロッティ』様がおりました。
世界三大テノール。
彼のパトロンの一人がこのワイナリーのオーナーだったのです。
パヴァロッティさんは、、、
甲高い笑い声と汗っかき、ぷよっとした手の触感、が私の思い出です。
このスパークリングワイン、
今ではミラノ・スカラ座公認スパークリングワインになっています。
味?人気の一本なので品切れが多いのですが、まあ、飲みに来て下さい。
パヴァロッティさんのお話の続きもしましょう。

こういうワインに纏わる小話、色々あります。
お店で、或いはこのブログでぼちぼちお話しします。
まだまだブログ係、任期は一年ありますからね。

音楽好きな音痴 あらゆる楽器が弾けない ソムリエ 小谷でした。


Posted by January 26, 2013 12:07 AM
メニュー紹介 2
January 24, 2013 2:45 PM
メニュー紹介 2

1月の特別料理 18900円です

キャヴィア 本マグロ“コンパレゾン”

冬の味覚 アンサンブル

ランド産 プーレジョーヌ 腿肉のコンフィ キャベツ ホウレン草

三河鶏のコンソメスープ 焼き白子 白葱 柚子の香り

海からの恵み 花菜 京水菜 聖護院かぶらのクーリ

飯尾醸造 林檎酢のグラニテ

和牛フィレの塩パイ包み焼き フォワグラのポワレ
京野菜の彩り トリュフソース 岩塩プレート
お客様の前で切り分けます

河豚 焼きおにぎり茶漬け・香物・焙じ茶

各種チーズ(約12種類)のワゴンサービス【追加料金で承ります】

冬の柑橘類 小さなデセール

イチゴとバニラアイスクリームのハーモニー フランベワゴンサービス
(世界一のリキュール・『A』エギュベルリキュールを使って)

食後のお愉しみ

コーヒー・紅茶 又は フレッシュハーブティー ワゴンサービスで承ります

パン

当店は女性のサービスクルーがほとんどです(披露宴も含めて)。
男性はマネージャー兼ソムリエの他、1名のみ。
披露宴でのキャプテン姿も凛々しい女性クルーが、
張り切って全てのレストランワゴンサービスを行います。
世界中でもなかなかこういう店はありません。
皆でお待ちしております。

052−759−5511 ヴィトラナゴヤ 予約係でした。


Posted by January 24, 2013 2:45 PM
メニュー紹介 1
January 23, 2013 4:03 PM

1月のメニュー紹介です。 13650円税込み(サービス料10%別)

キャヴィア 本マグロ “コンパレゾン”

冬の味覚 アンサンブル

ランド産 プーレジョーヌ キャベツ ホウレン草 京人参のフリット

三河鶏のコンソメスープ 焼き白子 白葱 柚子の香り

海からの恵み 花菜 京水菜 聖護院かぶらのクーリ

飯尾醸造 紅芋酢のグラニテ

和牛フィレのグリエ 京野菜の彩り フォワグラのポワレ
インカのめざめ トリュフソース 岩塩プレート

河豚 焼きおにぎり茶漬け・香物・焙じ茶

冬の柑橘類 小さなデセール

フルーツグラタン“ ヴィトラスタイル”

食後のお愉しみ

ヴィトラ名物 フレッシュハーブティーのワゴンサービス

パン

ご予約の時に全てのお客様にお好み
(好き嫌いやアレルギー、料理リクエストなど)をお伺いします。
記念日・誕生日であれば、無料でケーキをプレゼント。
プロポーズに大好評の礼拝堂をご案内も出来ます。

この他に、このコースをベースにした9450円のショートコースと、
お客様前で料理の切り分け、デザートのフランベサービスなどの
パフォーマンスをふんだんに取り入れた18900円のコースの
計3種類でご提供しています。
いずれもヴィトラ特注の箸(これは後日ご紹介しますね)で
お召し上がりになれます。

予約は前日まで。お電話下さい。ご予約時に色々とお話しして、
お客様のご要望を全て叶えます!

052−759−5511 ヴィトラ予約係より


Posted by January 23, 2013 4:03 PM
ワインの映画
January 23, 2013 12:38 AM
ワインの映画

コロンボの話を載せた所、好評でした。で、今回は映画の話です。
1976年のカリフォルニア・パリを舞台にしたこんな映画があります。

『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』

主な登場人物は
ワイナリーのオーナーを
ビル・プルマン(インディペンデンス・デイの戦闘機に乗った大統領)
その息子をクリス・パイン(アンストッパブルの若い方)
パリのワイン学校主宰をアラン・リックマン(ハリポタのスネイプ先生)

1976年に行われたパリ・ブラインドテイスティングを主題とした映画です。
ワイン好きには良く知られた、歴史に残る出来事ですね。
登場人物・舞台は全て実在の人物とワイナリーです。
若き日のバレット一族や、スパリュアが出てきます。
審査員にはレイモン・オリヴェ、ミヨ、J・C・ヴリナなどなど、
フランス料理通には懐かしい面々。

史実と違う所も多いのですが、
うねうねと続く葡萄畑とワイナリーの情景がなんともいい。
こんな風にワインを作るんだと分かります。
そして、観終わった後には、一杯飲みたくなりますよ。
舞台となったシャトー・モンテレーナは現存します。今でも入手出来ます。
そのワインも飲みたくなりますよね。私の『コロンボ』ワインのように。

趣味は映画観賞 最近は子供と一緒に
仮面ライダー、プリキュア、戦隊ヒーロー映画観賞の ソムリエ 小谷でした。


Posted by January 23, 2013 12:38 AM
再掲 1月のグラスワイン
January 22, 2013 1:00 PM
再掲 1月のグラスワイン

1月のグラスワインです。
がっつり お年玉価格! 目玉商品はヴィンテージ付で載せています。
では、参ります。

<スパークリング ワイン>
シャンパーニュ モントードン 1890円
カヴァ ヴィーニャ サン マネル 1260円
ヴィトラ&ピノ 特注 シードル  1260円

<白ワイン>
H ド ロスピタレ ヴィオニエ 1260円
ソアーヴェ 1260円
ブルゴーニュ シャルドネ“キュヴェタカミ” 1470円
ビアンコ デッラ トッレ 1470円
オークセイ デュレス“レ ゾート” 1890円
ピュリニー モンラッシェ“シャンガン” 1890円
クーレ ド セラン 1992 2100円
あさつゆ/ケンゾーエステイト 2100円
シャブリ“グルヌイユ”1997/ルイ ジャド 2520円
シャトー ド ファルグ 2100円

この他に ムルソー シャルム 1976/ルロワ
     コルトン シャルルマーニュ 1997/ドルーアン
     シャルドネ“ダットン ランチ”/キスラー
     シャトー リューセック 1989  予定

<ロゼワイン>
チプレッセト ロゼ トスカーナ 1260円
H ド ロスピタレ グルナッシュ ロゼ 1260円
ゆい/ケンゾーエステイト 2100円

<赤ワイン>
H ド ロスピタレ カベルネ   1260円
H ド ロスピタレ ピノノワール 1260円
ボルドー ルージュ 1260円
レッジャーノ ランブルスコ“コンチェルト” 1260円
ブルゴーニュ ピノノワール“キュヴェタカミ” 1470円
H ド ロスピタレ リザーヴ 1470円
りんどう/ケンゾーエステイト 1890円
フィサン/アンリ ド ヴィラモン 1890円
ボーヌ グレーヴ 1993/ドルーアン 1890円
シャトー ネナン 1990  2100円
サヴィニー レ ボーヌ“クロ デ ゲット”/アンリ ド ヴィラモン 2100円
マジ シャンベルタン 1976/ジャン サンダース 2520円
オーパス ワン 2520円
パヴィヨン ルージュ ドゥ シャトーマルゴー 1976 2520円

この他に バルバレスコ 1978/ガヤ
     ブルネッロ ディ モンタルチーノ リセルヴァ 1985/
     ビオンディサンティ
     あすか/ケンゾーエステイト
     シャトー ブラネール デュクリュ
     プロヴィダンス   待機中です

いずれも杯数に制限あり。なくなり次第、どんどんアイテムを変えます。
早いもの勝ち。 今年のヴィトラからは目が離せませんよ。

どんどん お問合せ下さい。

052−759−5511 ヴィトラナゴヤ

今年は ばんばん抜くつもりの ソムリエ 小谷でした。     


Posted by January 22, 2013 1:00 PM
recent entries
categories
archive