RESTAURANT VITRA NAGOYA

ヴィトラについて

メニュー

ワイン

パーティ

プロフィール

コラム

ご予約・お問合せ

アクセス

RESTAURANT VITRA NAGOYA 〒464-0835 名古屋市千種区御棚町3-26 営業時間 17:30-20:30(LO) 定休日 原則として毎週火曜日 TEL: 052-759-5511

HOME
サービスとは
February 28, 2013 10:54 PM
サービスとは

サービスとは何か?ずばり心だと思います。
目の前のお客様の為に、今私がどうやって『おもてなし』をしたいのか、
その心の表れを素直に表現し、行う事だと思います。

我々サービスに従事する者は、その心の表れのプロでありたい。
そして次に、『おもてなし』についての全てを、万遍なく、完璧にしたい。
いつもそう思い、勉強し、その時に備えています。
ヴィトラで言うなら、披露宴も、レストランも、カフェも、
ブライダルフェアでの『おもてなし』も全て大好きで、全て完璧にしたい。
そして、個人スキルとして、知識、話し方、身のこなし、、全て完璧にしたい。

前の職場でVIPの方にサービスを褒められ、嬉しくなりオーナーシェフに報告したら、
『終わってる。そんな日本に一握りしかいない人に褒められて舞い上がっているなんて。
もっとたくさんのお客様から、皆様から支持されて、愛されて、
お褒めになっていただける方向に目を向けないと、君は終わるよ』と、
言われた事があります。今でも鮮烈に覚えています。
全てのお客様の為、全ての『おもてなし』の為。
心と技を磨き、その瞬間に備える事。忘れてはいけませんね。
更にその行動の向こうにお客様の顔姿が見えなければ。

『おもてなし』のオールマイティプロを自称する私が、一番へたくそな『おもてなし』。
それは『ソフトクリームを絞る事』。特にフットペダル式は100%壊滅的な出来栄え。
人生で一回も上手く出来た事がない。
個人スキルでは『顔』。 顔はありますが、決してスキルは高くない。
いや、正直に認めましょう、低い。

。。。まだまだ残念な ソムリエ 小谷でした。


Posted by February 28, 2013 10:54 PM
3月の営業日
February 27, 2013 3:37 PM

◇◆◇3月の営業日 をお知らせします◇◆◇

<3月>
               01日【金】02日【土】
04日【月】06日【水】07日【木】08日【金】09日【土】
11日【月】13日【水】14日【木】15日【金】     
18日【月】     21日【木】22日【金】
25日【月】27日【水】28日【木】

火曜日定休日です。
他、貸切営業などによって、営業日の変更がございます。
是非、お問い合わせ下さい。
予約・問合せ 052−759−5511
ヴィトラ 予約係より


Posted by February 27, 2013 3:37 PM
水 富士ミネラルウォーター
February 26, 2013 12:49 AM
水 富士ミネラルウォーター

私はソムリエ失格かも知れません。
ソムリエは飲料を売る事が生業だから、水も売らなくてはいけない。
或いは、水以外の飲料を積極的に勧めなくてはいけないのでしょうが、
どうもそれが出来ない。最近はかなり早い段階から水を注ぎます。
場合によっては、特に夏の暑い時期は、席に着いた途端に。
ファーストドリンクとして『水』をためらい無く注ぎます。
名古屋の水道水は美味しいですね。大好きです。
ただ、皆様折角レストランまで足をお運びなので、水道水ではなく、
『富士ミネラルウォーター』(略称富士ミネ)をお出ししています。
氷バケツに入れて置くとラベルが剥がれてしまうのが残念ですが、
味は抜群の柔らかさ。料理も邪魔しないし、780mlという絶妙な容量もいい。
お代はいただきません。サービス料にも含めません。店舗運営上の必要消耗品扱いです。

ソムリエでも意見が分かれるでしょう。
私は、昔は有料のミネラルウォーターを早い段階から売る派、
今は無料の『富士ミネ』をマッハで出す(古い表現だ)派。
何故でしょう? それは、料理を純粋に味わう為。
口中を常にフラットに保つ為。アルコールを和らげる為。
そうだなあ、つまり、、、『人』としての優しさかなあ。。。

いやいや、何を言っとる、あんたが酒弱いからでしょ。
そんなツッコミが聞こえてきそうな ソムリエ 小谷でした。


Posted by February 26, 2013 12:49 AM
ノア Noa
February 25, 2013 9:18 AM
ノア Noa

ヴィトラでは只今グラスワインで売り出し中。
ピノのワインナイトでも登場します。バイザグラスでOKですよ。
手元のワインの中で、一番強面なのがこれです。
美味しそうなワインってたくさんありますけど、、
怖そうなワインってのはなかなか無い。
でも、飲んでみると、意外といい奴、、、ってのが、話の定番ですが、
飲んでみたら、ますます堅物な印象が深まるのが、これです。
イタリア・シチリア島で作られる、若干ゴッドファーザー的な要素を持つワイン。
なにせボトルも黒ければ、水色も黒い。
真っ黒尽くめでラベルにはNoa のたった一文字、いや三文字か。
ワイン名の由来は『ノアの箱舟のノア、から』だとか。う〜ん、分かりませんね。
まあ、一度飲んでみてください。百聞は一飲にしかず。
なんか、こう、グッときて、ネッチョリとして、ズンっとくる味なんです。
そうそう、いかにも最近のイタリアなんです。
でも、いいんですよ、これが(意味不明)。

本当にソムリエ? 小谷でした。


Posted by February 25, 2013 9:18 AM
礼拝堂でのプロポーズ
February 24, 2013 8:11 PM
礼拝堂でのプロポーズ

この空間の中、心を込めてプロポーズを。

これまでにたくさんの男性が、この礼拝堂の中で勇気を振り絞りました。
その中には外国からのお客様もいらっしゃいました。
花束や指輪と共に、震える心に握り拳、自分の気持ちを伝えます。
男性にとって、人生で一番勇気のいる日ですね。
(二番目は未来の新婦様のお父様にお願いをする日でしょうか?)
そして、そんなプロポーズで成就したカップルの
目出度い晴れの舞台の演出も行ってきました。
お二人が挙式や披露宴の最後に
『二人が一つになったきっかけの場所で、今日この日を迎えることが出来て嬉しい』と、
ご挨拶をされる事をこれまで何回も耳にしました。
その度、皆震えるほど嬉しく感じています。
我々の夢は更に進み、そんなお二人のお子様が、
『結婚記念日の度に家族で食事をしたこの場所で、
パパとママと同じように式を挙げるのが夢でした』との
お言葉を聞く事です。

頑張れ、男性諸君! ヴィトラは貴方たちの味方です。
経験豊かなクルーみんなで貴方をサポートします。
アイディア、タイミング、全て我々にお任せ下さい!
そして、いよいよその時は、私たちも一緒に、震える心に握り拳。

ご予約・ご相談お待ちしております。
052−759−5511 ヴィトラナゴヤ 予約係より


Posted by February 24, 2013 8:11 PM
料理の絵 2
February 23, 2013 11:43 PM
料理の絵 2

先程の絵の仕上がりです。
見事ですね。


Posted by February 23, 2013 11:43 PM
料理の絵
February 23, 2013 9:50 PM
料理の絵

笑わないでください。私は絵がへた(らしい)です。
例えばテーブルセッティングの図解指示。
ショープレートをここに置いて、グラスはこっちに、、ここまでは良いのですが、
ナイフレストを置いて箸やフォーク、ナイフはここに置き、
ナプキンはショープレートの上にこんな感じで、、、と書き進むと、
何故かナイフレストがフォークの上に乗っかって鎮座していたり、
ショープレートの真ん中には食パン状の得体の知れない物体が現れたりと、
私自身も首を傾げる事態になります。
人一倍時間もかけ、この上なく丁寧に書いているつもりですが、
どうも紙とペンの相性が悪いというか、キュービズムの捉え方が進みすぎというか、
まあ、言うなれば残念な仕上がりになります。

齋藤シェフの料理イメージ図です。 素敵ですねえ。
シェフはこの様なイメージ図を披露宴や料理毎に興しています。
ヴィトラの全披露宴の料理打ち合わせを行い、レストランのメニューも考えます。
素材に拘り、形に拘り、味に拘る。うーん、格好いいですね。羨ましい。

子供のリクエストに答え、ミッキーを一所懸命書いたところ、
『パパ、こんなの全然違う!』と涙ながらに猛抗議された ソムリエ 小谷でした。
・・・・・見たいですか?


Posted by February 23, 2013 9:50 PM
一口黄金みかん(ひとくちこがねみかん)
February 22, 2013 11:36 PM
一口黄金みかん(ひとくちこがねみかん)

高知県の大変稀少なみかんが入荷しました。
全国でもほんのわずかしか生産していない稀少品種です。
小粒ながら、薫りは上品で爽やかです。本っ当に薫りがいい。
海の幸の付け合せやグラニテ、アヴァンデセールなどに登場します。
名前の通り一口で食べられる大きさで、卓球のピンポン玉程度でしょうか。
皮は薄くてむきにくく、形も非常に小さいので尚更扱いにくいのですが、
先程述べた、圧倒的な薫りの良さと、
味の構成の複雑さ(甘さ・酸味が口中で七変化する)が心惹きつけるので、
シェフ齋藤&小谷の大のお気に入りです。
収穫は終わっていますから、農家さんが寝かしたストックが終了するまでの勝負。
5月まででしょうか。この時期に是非お召し上がりになっていただきたい!
予約の時に『一口黄金みかん希望』とお申し付け下さい。
お食事の際、お客様がお喜びになっている様を拝見しながら、
私は、扉向こうで満足そうにほくそ笑むでしょうね。
(想像するに、黒いソムリエエプロン姿のおやじが扉向こうにこっそり隠れており、
お客様の様子を伺いながら、更にニヤリと笑っている様は、不気味なものがありますが)
でも、柑橘系の果物の薫り飛びは、癒しをもたらしますね。素敵です。

扉向こうで ニヤリ の ソムリエ 小谷でした。


Posted by February 22, 2013 11:36 PM
ワイン収穫用 剪定鋏
February 21, 2013 9:23 AM
ワイン収穫用 剪定鋏

いきなり『鋏』でびっくりしましたか?
私がイタリア・マルケージ・ベッラヴィスタ時代に、
ばんばん使っていたワイン用葡萄収穫用の剪定鋏です。
イタリア贔屓の私ですが、何故かフランス製。
でもこれが使いやすかった。サンドビック社の物です。
様々な人間工学に基づいた新作も作られているようですが、
これはずっと手元に置いておきます。たまに家で活躍しています。

先日『ベッラヴィスタ』の『フランチアコルタ』をご紹介しました。
時同じく、ヴィトラのご常連で、
ご来店時には必ず『フランチアコルタ』をお召し上がりになる
ご夫婦がいらっしゃいました。
私が『ベッラヴィスタ』で働いていた話にも花が咲き、
そんな中、『ベッラヴィスタ』での収穫時に活躍した、
この剪定鋏も紹介しようかなと思い立ちました。
葡萄収穫、ワイン作り、大変です。私が体験したのは、ほんのさわりです。
しかし、彼の地に立ち自分の手で葡萄を収穫し、醸造に立ち会えた経験は、
私がワインをお話しする時に、とても役立っています。
何事も経験・学習ですね。

その割には、多々同じ失敗をする ソムリエ 小谷でした。


Posted by February 21, 2013 9:23 AM
コーヒー&ティーワゴン
February 20, 2013 1:58 PM
コーヒー&ティーワゴン

ヴィトラの名物に食後の飲み物のワゴンサービスがあります。
ワゴン上の筒は3種類の色分けがされており、
黒色がコーヒー豆18種類、赤色が紅茶葉とドライフルーツティー18種類、
茶色が中国・台湾茶6種類です。
更にフレッシュハーブティーが3種類ございます。(後日ご紹介します)
コーヒーは何れもストレート豆でご用意しております。
紅茶は一般的なストレートティーの他、
アールグレイクラシックやアップルティーなどのフレーバーティーもご用意、
カフェインレスコーヒー・ティーもあります。
これを使いお客様の前でお好みの飲み物をお作りします。
種類・手順を覚えるのが大変ですが、これも我々クルーでサービスの取り合いになる
人気ワゴンサービスの一つです。

私は手をかざしただけでどこに必要なコーヒー豆、紅茶葉があるか分かります。
お客様のおっしゃった種類の豆・茶葉を間違えずに選び出し、お作りします。
今度、私がサービスする時に注意深く見ててください。間違えた事はありません。

似非メンタリスト ソムリエ 小谷でした。


Posted by February 20, 2013 1:58 PM
recent entries
categories
archive